2006年 10月 31日

聖徳太子

クルマに乗っていたら、おそらく気付かなかったであろう。



c0337257_12071154.jpg

とある理由で自転車を漕いでいたら、こんなお堂に出会いました。
とある本で聖徳太子信仰があることは知っていましたが、実際に祀られている場を目にしたのは初めてです。

聖徳太子信仰は金鉱開発と深く結びついていたようで、興味の尽きないところです。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-31 06:42 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(12)
Commented by 宝飯 at 2006-10-31 10:35 x
一番海苔でがす。たま~に「彗星号」を降りてゆっくり行けば、それなりにおもしろい発見があるものです・・とある理由??・・もしかして
例のですか~ホイホイレンタサイクル?

Commented by 名梨 at 2006-10-31 18:36 x
お、我が家の近く。
 太子堂、元は新張(字名に太子堂)に有ったのですが、持ち主が某学会に入信してしまい、現在の場所に移築したものです。毎年旧暦10月10日に関係者が集まりお祭りをしております。
 金鉱開発との関係は解りませんが、確かに遠野に金鉱は有ります。新張と金鉱の接点がいまいち?。わ・か・ら・な・い。

Commented by 宝飯 at 2006-10-31 19:11 x
名梨さまの「持ち主」ってあそこかな~?
金鉱開発との接点らしい記事が松崎今昔なんたら(忘れました。^^!)という松崎町全戸配布の中に記載されてたような?持ち主があっていればの話ですが・・小友の金山開発に関係してる記述です。

Commented by yamaneko at 2006-10-31 21:04 x
宝飯さん
一番海苔が流行っておりますね。(笑)

はい、宝飯さんのおかげで発見できた太子堂です。遠野路の一角を廻るにはチャリが一番ですね。
えーっとホイホイレンタサイクルで発見できたもの・・・・武家屋敷、謎の赤鳥居、シャム猫亭、太子堂&ほいどスペシャル(爆)!!

青い彗星号に折りたたみチャリを積もうかと考えてます。(笑)

Commented by yamaneko at 2006-10-31 21:09 x
名梨様
さすがは名梨様。
一目で場所を特定ですね。
しかも貴重な新事実の数々。ありがとうございます。

聖徳太子像、あるいは掛け軸を拝む習慣は鉱山技術者が持ち込んだものらしいです。
とある本の受け売りですが・・・

Commented by yamaneko at 2006-10-31 21:12 x
再び宝飯様(笑)
いや、笑っちゃいけないですね。
さらなる補足情報ありがとうございます。
やはり金山に繋がりましたか?
なんかドキドキしますです。はい。

Commented by tamachi at 2006-10-31 22:00 x
めっちゃんこオモロイどーぶつシーンにお目にかかった場所の近く!
●●住宅から●●病院に抜ける道は微笑ましいものが満載の小道でした。
思いがけずいいトコ通りましたねん!
おめでとーございます。

Commented by yamaneko at 2006-10-31 22:21 x
tamachi様
ほよよ?
この道で出会ったどーぶつといえばシャム猫亭と(?)、23人のわらしだけでした。
いたのかな?
でもこの日は曇り空でしたから・・・
ああ、いったい何が居たのでしょう?

Commented by tamachi at 2006-10-31 22:32 x
いたわりと友愛のべごっこどもや、珍同居者がいるワンコや、みだぐなす(ラ・フランスのこと)やキウイフルーツや分解マシュマロのビニールハウス・・・・コスモスと蝶・・・・
まだあるよん。

Commented by yamaneko at 2006-10-31 22:50 x
え~っと、↑この中で覚えているのはコスモスだけ(涙)
あ、牛の運動場も目に入ったかな?(牛は居なかった)
まぁ、赤い牛車の持主も起きていない早朝だったし・・・(笑)
ワタクシもあくびかみ殺しながらペダル漕いでいたし・・・(爆)

Commented by romi at 2006-11-01 03:48 x
再びトライ!(モバイルからのコメントの性?)

ここは存じ上げませんでした(笑)
名梨さまにご紹介頂かなければー。

Commented by yamaneko at 2006-11-01 06:41 x
romi様
ケータイからコメント?
出来ましたか?
うう、ワタクシ何度もトライしましたが、結局出来ずじまいでしたよ。
ん? モバイルPCですかな?

やはり、クルマでは入り難い路地の奥・・・・知る人ぞ知るですか。(笑)



<< 散歩道      ポプラ並木 >>