山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 10日

鮎貝八坂神社

7月に通った時に「おっ?」と思ったのですが、なにやら式典の真っ最中で
人が整列しており、近づくのを断念した神社です。



c0337257_12070216.jpg

正面から見るとプレハブの詰所が見えるだけで殺風景です。
そうそうに立ち去ろうとしましたが、とりあえず横に廻ってみると・・・・・



c0337257_12070273.jpg

小さいけれど端整な社が隠れていました。



c0337257_12070245.jpg

石碑も多いです。



c0337257_12070283.jpg

ご存知・・・・量産型赤い祠(笑)。



c0337257_12070235.jpg

山神塔、庚申塔、馬頭観世音・・・・・おなじみの石塔ですが、



c0337257_12070223.jpg

雷神・・・・これは初めて見ました。
勉強不足で、雷神の由来は知りませんが、目新しい発見に満足です。



c0337257_12070266.jpg

やるぢゃないか八坂神社。



c0337257_12070258.jpg

傍らには気持ちよさげな芝生に、オープンキッチン(笑)。
奥にはトイレもあります。キャンプが出来そうだ。遊具もあるし。(笑)

やるぢゃあないか、鮎貝地区。















by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-10 06:34 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(10)
Commented by のら at 2006-10-10 08:31 x
^^ 一番!
量産型と言うだけの事はありますね。方々で、ご活躍^^
きちんと、掃除が行き届き、設備も心配りの感じられる・・・地域の方に大切にされていることがよくわかりますね。
すべり台・・・そういえば、いつだったかな?
娘の幼稚園の遠足で行った公園のスベリダイで遊んだのが最後かも・・・。
次は、孫とすべります^^;
(もちろん、○十年先の話ですよ!念のため^^)

Commented by 名梨 at 2006-10-10 18:04 x
 ここのお祭りは小規模なのですが、賑やかなお祭りです。
 まずは、「旗立て」で飲んで、「宵宮」で飲んで「お昼」に飲んで「直会」で飲んで、「旗降ろし」で飲んで、しばらくして、ご苦労会に飲む集落ですし、陽気な方々が多いです。いくら飲んでもトラやオオカミになる人がいない集落です。

Commented by tamachi at 2006-10-10 20:02 x
外山橋のたもと・・・気になっていたけど、写真に撮ってみたのは6月・・・アァ、載せるのをすっかり忘れていたトコでした。

フシギな造りですよねえ。
社の前の建物は、社務所というよりは「集会所」か「宴会場」みたいな雰囲気・・・・
名梨さんのお言葉に納得!です。


Commented by yamaneko at 2006-10-10 21:14 x
のらさん
いっちば~ん!おめでとさんです。

この神社で、一番目を引いたのは「滑り台」でした。
ここは間違いなく天神様ではない!と確信しましたよ。(爆)

いやいや、のらさん。○十年も封印しないで、訪遠の際は是非こちらで滑って転んでください。(笑)

Commented by yamaneko at 2006-10-10 21:33 x
名梨様
ワタクシが遭遇したのは、どれでしょうね。
しかし、一回の祭礼で6度酔えるなんて、素晴らしいです!
ワタクシも飛び入りすれば・・・って、それは続石に無理ですよね。
青い彗星号を置いていくわけにもいきませんから。

Commented by のら at 2006-10-10 21:35 x
は~い で、転ばないとダメですか?^^

『社』と社務所だか、詰め所だか宴会場^^だかの建物の位置関係は納得できたのですが、
何ゆえそういうことになったのか納得がいきません^^


Commented by yamaneko at 2006-10-10 22:01 x
tamachi様
ありゃりゃん、足跡残しておりましたか?
ちゃんと、たまちを参上4649!と書いておかないとダメじゃないすか。(爆)

ほんと、この神社。外目だけで判断すると、損します。

Commented by yamaneko at 2006-10-10 22:07 x
のらさん
これはきっと、社を余所者の攻撃から護るためですよ。(爆)
しか~し、裏口侵入術世界一の山猫にとっては恰好の獲物(笑)
のらさんも勝手口の鍵はしっかり掛けるのですよ。そうしないと
「来る、きっと来る!」ですよ。(キャ~~)

Commented by 笛吹童子 at 2006-10-10 23:58 x
笛吹的神社考:阿曽沼時代の豪族「鮎貝志摩守」が気仙に攻める時、境内の杉を旗ざおとしたと伝えられる。小友勝蹟誌によると、享保5年4月創建、元文5年再興とのこと。ちなみに名梨殿のところの細越氏作成の「遠野の神々と民話のふる里」によれば6月15日が例祭日で神楽・しし踊り・子供相撲・手踊りなど地域民総出の祭りとのこと。
 私も見たことがないので、今度。

Commented by yamaneko at 2006-10-11 06:40 x
笛吹童子様
歴史ありますね。
それと、「のらさん」もコメントで書いていましたが、大変綺麗に整備されており好感の持てる空間でした。地元の方の愛着と努力が垣間見えます。



<< いろいろな赤      めがね橋 >>