山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 08日

冬に遭ってきました。

昨日めでたく初冠雪を記録した「富士山」
ほんの出来心で登っちゃいました。(笑)



c0337257_12070129.jpg

幸い十五夜崩れの満月が上空に架かり、夜明け前から行動開始OKです。



c0337257_12070144.jpg

御来光は6合目で拝みました。



c0337257_12070132.jpg

パノラマをおすそ分け(笑)



c0337257_12070167.jpg

山頂ははなから見えているので、精神衛生上よくない!
登っても登っても近づかない。



c0337257_12070165.jpg

やっと着いた山頂は冬の世界。日差しはあるが風が強く、実温は氷点下8℃ということでしたが体感温度は氷点下15℃くらいでしょうか・・・・体力の乏しい中高年登山者が疲労凍死するのが良く判りました。(オマエモナ!山猫)



c0337257_12070171.jpg

あれが剣ケ峰 3776mなのですが、雪が凍っていて、しかも体を持っていかれそうな強風のため断念です。
ほんの数百メートルなのですが、まだ仏には成りたくないもんで(汗)

コースタイム
2006年10月8日(日)
富士宮登山口新五合目(2380m)4:50-5:06新六合目(2490m)5:06-5:37六合目(2604m)
5:37-6:34新七合目(標高不明)6:41-8:01九合目(3410m)8:06-9:20富士宮口山頂
(3720m)9:30-10:11九合目(3410m)10:16-11;59六合目(2604m)11:59-12:13富士宮登山口新五合目(2380m)

休憩入れて約7時間で往復しているので、標準コースタイムよりはメチャ速いです。
代償は両膝の関節痛です。歳だなぁ!







by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-08 17:34 | 旅行・地域 | Comments(10)
Commented by とらねこ at 2006-10-08 18:28 x
富士山は見ただけで登ったことはない、ニュースで富士山に初冠雪とかよく言うけど、頂上はどうなっているのだろうとよく気になっておりましたが、ここでその風景が見られたこと、ありがたいです。
いずれにしても私には真似のできない世界ですが、山猫氏の行動力にまたもや脱帽です。
ご苦労様でした。

Commented by tamachi at 2006-10-08 18:58 x
これなら、仙磐山もお茶の子サイサイですって!
富士登山って、森を歩かないイメージがあるのですが、正解?

続石、にっぽんいちのふじのやまい・・・山です。
冬魁です~
ここの初冠雪の便りを聞けば、他の山も追いかけるように知らせが参りますね。

富士山かぁ。毎日目に入るのってどんな気分なんだろう。
近くには目立った山もない地に住む者としては羨ましくもアリです。


Commented by のら at 2006-10-08 19:19 x
嫌われるのを覚悟で・・・←ワズカナココロノマヨイ
日本一の富士山に
『ほんの出来心で登っちゃいました』だなんて「アッそぉ~」って感じぃ~ 

いいなぁ~
見たことのない景色と細やかなご説明、ありがとうございます。一緒に登山した気分です^^ ブルブル~

Commented by yamaneko at 2006-10-08 19:26 x
とらねこ様
実を言うと今シーズンに必ず登るぞ、と計画していたのですが、天候不順であったり体調崩したりと延び延びになっていた企画でした。

何せ暴風とガスだったので全貌をお見せすること能はずでしたが、雰囲気だけ感じ取っていただければ・・・富士山山頂は荒々しいです。

Commented by yamaneko at 2006-10-08 19:33 x
tamachi様
本来の富士登山は森の中から歩いたそうですよ。最近その古道を整備した方のニュースがありましたよ。今は(ワタクシも含め)5合目から登りますから、もういきなり砂礫の斜面です。月世界を歩いていると言われても納得しそうです。(笑)

毎日富士山を見る生活?
そう、家に一世一代の名歌舞伎役者がいるようなものです。(爆)

Commented by yamaneko at 2006-10-08 19:39 x
のら様
地の利というヤツなので堪忍してつかぁさい。
ワタクシが桜島に出来心で登れないのと一緒(?)ですよ。

まあ、出来心は言い過ぎかな?
それなりに用意はして、今日しかない!と決断したわけで・・・大正解でした。周りの人も、「こんなに良く見えるのは珍しい」とおっしゃっていましたから。お裾分け(=^^=)

Commented by romi at 2006-10-08 21:42 x
”しぞおか”(+山梨)の冬は岩手より遠野より早いんですね。
續石!ナンバーワンMt。
鳥居のよだれ;をみて、寒気が起きました。
いやだなぁ~・・・・^_^;
でも、上手に付き合わないといけません。
それにしても續石、山猫丼(旨そう)山猫どん!!!
(~_~;)恐るべし!

スンバらしい写真っこを見せていただきやしたぁー。

Commented by yamaneko at 2006-10-09 06:50 x
romi様
10月初旬に3000m級の山々は一気に冬になります。秋のつもりで行くと・・・ニュースでご覧の結果となります。

鳥居のよだれ!(笑)⇒通称「エビのシッポ」といいます。アップで見るとほんとにエビの尻尾ですよ。強風地帯ならではの芸術作品です。遠野でも見れそうですね。
遠野の山々が呼んでいる。

Commented by 宝飯 at 2006-10-09 11:30 x
冬景色ですね~低気圧の北上に伴い寒気が来る
ことは天気予報や天気図でわかっておりましたが
・・山での遭難もありましたが我々より詳しいはずの登山者が・・・ですね~
ちなみにやまねこどんはピッケルとアイゼンは持参?強風と氷結の場合の必需品ですよね~
滑落すりとかなり落ちるらしいですが・・・

Commented by yamaneko at 2006-10-09 14:20 x
宝飯様
10月初旬は毎年痛ましい遭難事故があります。
原因は装備不足による疲労凍死です。

足元を雪と氷にとられて立ち往生。防寒具が不備で凍える。体力のない人から天に召される。

この季節の3000m級の登山には厳冬期と同じ装備を用意すべきですね。
白馬岳の遭難はガイドも含めて登山の素人ですよ。商売上のしがらみがあったことは想像できますが・・・代償が余りに大きい。

>ピッケルとアイゼンは持参?
勿論!持参していません!(汗)
頂上部はご覧のとおりの雪原ですが、斜面はまだら雪でしたので滑落の心配はありませんでした。
厳冬期は頂上から6合目くらい(標高差1000m)まで落ちるそうです(ブルブル)。
持っていたら、お鉢めぐりをしたのですが・・・

風がねぇ・・・・下山時に煽られて私を含めて3人が「おっとっと」と一瞬空中散歩。(笑)
ジュディ・オングならば間違いなく空を飛ぶでしょう。(爆)




<< めがね橋      古館拾遺 >>