山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 02日

金色の野に建つべし

天気はよくないが、なぜか此処の上空だけが明るい。



c0337257_12065729.jpg



c0337257_12065772.jpg

実りの色で明るく感じます。



c0337257_12065765.jpg

デントコーン。よく見るとこちらも実っています。

やはり正面からお邪魔しましょう。



c0337257_12065718.jpg



c0337257_12065753.jpg



c0337257_12065790.jpg



c0337257_12065726.jpg

そのお堂萱葺き屋根を被りて金色の野に建つべし。





by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-02 06:17 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(9)
Commented by tamachi at 2006-10-02 22:02 x
山を覆う樹木のもこもこ感や、お堂の屋根の葺き具合もくっきり出ています。いい感じ!
今この一連の画像を見てフシギな点に気づきました。
私が見たときは、稲の間からニョキニョキと伸びている草が沢山見られたのですが、此処には・・・・ないっ!

それはさておき、一体どうやってお堂の裏手に回ったのだろう。
これも謎である。

傍のデントコーン・・・くすくす(笑)。




Commented by yamaneko at 2006-10-02 22:31 x
tamachi様
今にも陽が差すのでは、というくらい明るくなったので、陰影が良い感じに映えたのでしょう。

草は邪魔になるので撮影に先立ち取ってしまいました。(大嘘!=笑)
玉千代さんがいらしたのは天神の祭りの時ですかね? 草取りをなされたのでしょうね。丹精こめた金色の野です。

裏手から近づくのは、山猫の得意技ですから!(爆)
ネコにはネコの通り道があるのさ。(にゃひひ)

と、また玉千代姫がプチ壊れしていますが、今度はデントコーンにご執心のご様子。(笑)
謎です。(爆)

Commented by numako at 2006-10-03 19:10 x
古き言い伝えは真であった!…(w

いや、むしろ、
其の者、蒼き馬を駆りて遠き野に降り立つべし…ですか(w

Commented by てずから at 2006-10-03 19:41 x
告白しても、よかとですか?

ワタシは、中村のお堂に行ったことがありません。と、いうか、どこにあるか知りません。

ああ、告ってしまったーー(恥)。

場所、教えて下さい。


Commented by yamaneko at 2006-10-03 21:42 x
numakoさま
わはは! うまいです。
おーい山田クン、座布団3枚!


Commented by yamaneko at 2006-10-03 22:19 x
てずから様
うわぁ! 告られてしもうた!
どうしよう(あたふたあたふたACあだぷた)!

はい、道案内です。
ちょっと遠回りですが、イチバン判り易い方法です。
遠野バイパスを釜石方面に走って上郷で国道340号線が右に折れる交差点を左に入ってください。
あとはドキドキしながら走ってください。左側に注意ですヨ。

Commented by てずから at 2006-10-04 20:15 x
嬉しいお返事をありがとうございます。
青笹・上郷は未知の土地なので、今度行ってみます。ドキドキしながら運転してきますネ。

Commented by yamaneko at 2006-10-04 21:04 x
てずから様

良き旅を!
坂を下りて見るべし。

Commented by アナウシカ at 2008-06-10 21:49 x
 神避りし、比売根恵は出雲と伯耆の堺、比婆の山に葬(かくしまつ)りき。
 故、安来の鋼長、比売根恵之父、語臣之猪麻呂、復習せんと出雲の神々に祈き。



<< 箱根峠      蕎麦と難破船 >>