山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 29日

大工町通り

遠野に宿泊して欠かせないもの。
それは朝散歩(早朝徘徊とも云う)
今日の朝散歩は大工町だ。



c0337257_12064191.jpg

宿を出て大工町通りへ向かう途中にある蔵造りの御宅。
存在感あります。



c0337257_12064174.jpg

材木町側から踏切越しに大工町通りを見ます。



c0337257_12064181.jpg

板張りの歩道、涼しげな街路樹。
沿線の御宅も景観を壊さない一歩引いた奥ゆかしさ。
良い通りです。



c0337257_12064193.jpg

朝から蒸し暑い日でしたが、心なしか爽やかな風が吹くよう・・・



c0337257_12064141.jpg

大工町は寺町でもあります。通りから覗くと寺があったりして・・・



c0337257_12064169.jpg

大工町通りは一日市通り(中央通り)にぶつかって終わります。
ちょうどぎっくらするところ。向こうに新橋が見えます。
橋の向こうは新町です。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-08-29 06:22 | 遠野の街中で | Comments(4)
Commented by tamachi at 2006-08-29 22:16 x
ワタクシの早朝徘徊コース「その●」でもありますヨ。
大工町の歩道を歩く感触がいいですよね。
増田旅館向かいの酒屋もスキです(買い物したことはないけどね~)。
この旅館のぐるりも猫に遭遇しやすい地点です。
先月は旅館の猫に遭いました。高齢なので、いつも家の中にいると思っていたのに・・・違う猫にも遭いましたっけ。





Commented by yamaneko at 2006-08-30 00:23 x
tamachi様

コトッコトッカタッコト・・・・
大工町通りを歩くとこんな感じですね。

増田旅館の猫・・・・高齢なのに・・・
遠野物語にそんな話がありましたね。違うか?

違うねごっこに遭遇したのはヘアーサロンの隣の家の前ではないですか?
ワタクシも先月の暑い日に2匹のグタグタ猫に遭遇しました。(遠野猫物語2参照)

Commented by numako at 2006-08-30 21:49 x
最後の画像、酒店の前は水路、反対側にも水路があったっと思います。
つまり現在のアスファルトの分しか道幅が無かった!
お多賀橋の方の広い道が出来たのも昭和56年頃。
それまでは釜石に向かうバスもトラックもここを通っていたなんて信じられますか?(w

何年か前、やぶ屋の前で早朝にトラックが事故り朝9時頃までバイパスが通行止めになったことがありましたが、
遠野の町から日影橋まで渋滞が出来ていました。
バイパスが出来る前はそんなに渋滞することは無かったわけですが、それだけ車が増えてるって事なんでしょうねえ。

Commented by yamaneko at 2006-08-30 22:18 x
numako様
ううむ、現在でもこのクビレは「お?」と緊張するのに・・・・唯一の主要道でしたか!
貴重な証言です。ありがとうございます。

クルマは増えています。相対的に釜石線の本数は減っていますから・・・(哀)

蛇足ながら下組町のぎっくらカーブをここと間違えて、大工町通りと思いながら左折してしまい、冷や汗かきながら柳玄寺脇の小道を車で走ったのは「ワタクシ」です。(恥)



<< デンデラ野      青稲六角牛山之図 >>