山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 27日

石碑

路傍に石塔の多きこと諸国その比を知らず。

c0337257_12063907.jpg



c0337257_12063916.jpg



c0337257_12063909.jpg



c0337257_12063946.jpg

ちなみに「ねごっこ」には石碑はこう見えています。↓



c0337257_12063905.jpg







by Wild_Cat_Seeker | 2006-08-27 06:06 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(10)
Commented by bee at 2006-08-27 07:49 x
石塔は本当に数が多いですね~
図書館にこの石塔を一つ一つ調べた方の資料が
ありました(綾織の石塔だったかな?)
西国巡礼塔や大峯山、出羽三山の塔はともかく
山神塔があると「ここで昔何かあったんだな~」
と思うとドキッとします。


Commented by yamaneko at 2006-08-27 08:36 x
bee様
山神の石塔を求めて柏崎を訪れて89話の現場検証を行った際、100年以上前の出来事なのに舞台装置がほぼ揃っていて唸りましたよ。

Commented by tamachi at 2006-08-27 09:49 x
光興寺の石碑はいいロケーションですね。
レンタチャリに乗った観光客のおにーさん2人が携帯カメラで写真を撮っていったのに遭遇したこともあります。
昨日もこの前を通りました(笑)。

附馬牛にて、てずからさんが撮ったものも見かけ、春先との風景の違いに「ふ~む」と頷き・・・
あれはいい画像でしたよね~

まだ載せていませんが、大出の早池峰神社近くに隠れ名(?)石碑がありますヨ。yamanekoさんは発見されたでしょうか!
次号に期待!(?)


Commented by とらねこ at 2006-08-27 10:04 x
遠野は確かに石碑が多いと思います。
県道、市道、田んぼ道・・・山道にもありますからね。
ただ、他の場所のことは調べてませんが、駒木妻の神石碑群は、画像の場所にもございましたが、実は道を挟んだ向かい側にも以前はあって、それらをまとめて現在の場所に移しております。

遠野の場合、江戸時代の石碑もございますが、その多くは明治以降のものが多いと思います。

それにしても、たま千代姫、恐るべし・・・汗

Commented by yamaneko at 2006-08-27 10:47 x
tamachiさん
光興寺の石碑は朝日の頃が映えますね。
何気に駐車スペースもあり、思わず止まってしまいます。

てずからさんの絵は花と石碑と山の写ったものですかね?
あれは額に入れて飾りたいと思いました。

早池峰神社の近く・・・あれかな?
三叉路のところかな?
木々に隠れて石碑が2つありますなぁ。
ちがうかな? 期待してます



Commented by yamaneko at 2006-08-27 10:53 x
とらねこさま
石碑群と呼ばれるものは、後から集約されたものと考えていました。
いにしえの昔からの道筋が変わってしまい、止む無く移動させたのでしょう。

ほんとに玉千代姫恐るべき行動力!
しおりんのblogも天神様でしたよ。
もしかしてご対面の儀があったかも知れませんね。(笑)

Commented by romi at 2006-08-28 01:40 x
今日は(正確には昨日になってしまった)大峰に向かったのですが道瑞には何箇所もの石塔群。
行政区単位(集落・字単位)に必ずと言ってもいいほど目にします。
願と感謝と・・・・手を合わせる心を失いたくない物です。
今日のデジは近々にUPします。

Commented by yamaneko at 2006-08-28 06:58 x
romi様
大峰?
あの大峰山の大峰ですか?
と、泥縄でくさぐさへ・・・
わ、猫川の源流を目指したのすか?

何かイベントがある毎に石碑を刻んで奉納したのですね。

なぜ、ワタクシたちが古い石碑に惹かれるのか、おぼろげに判ったような気がします。


Commented by 宝飯 at 2006-08-28 22:39 x
石に刻めば数百年は残るでしょう。
昔の人は記憶媒体として、石に刻み残したもんだと思いますよ~今どきはなんと・・石に写真が刻めるとか・・すごいですね~

Commented by yamaneko at 2006-08-29 06:54 x
宝飯さん
そうですね。石碑はタイムマシ~ンですよね。
写真が刻める・・・?
う~ん、技術的に可能なのは想像つきますが、実際どういう出来栄えなのか、想像付きませんね。

墓石に遺影を刻む、なんて需要ですかね。



<< 青稲六角牛山之図      旧道を行く >>