2006年 08月 13日

ぎっくら横丁

皆さんのご紹介で存在することは知っていても、なかなか探し出せないでいた場所。
その代表格が、このぎっくら横丁(勝手に命名)です。



c0337257_12063371.jpg
穀町の通りからひょいと覗いたら、ああ、ここだ。



c0337257_12063305.jpg
ぱっと見た目、行き止まりに見えますね。



c0337257_12063352.jpg
ところがどっこい、ぎっくらこ!(笑)



c0337257_12063377.jpg
金沢の武家屋敷を彷彿とさせます。



c0337257_12063306.jpg
しかし人の気配がしません。



c0337257_12063300.jpg
それがちょっと寂しい。
風情ある通りなので後世まで残ったらいいな、と思います。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-08-13 05:43 | 遠野の街中で | Comments(9)
Commented by tamachi at 2006-08-13 09:49 x
新屋敷丁に入るには、松●輪店(<a href="http://tonolove.exblog.jp/2787878/)から入ればいいのだと、この頃分かりました。" rel="nofollow">http://tonolove.exblog.jp/2787878/)から入ればいいのだと、この頃分かりました。</a>
それ以前は行き当たりばったりでした。
本当にこの一角は風情があります。この通りそのものが文化財ですね。

ぎっくらカーブを曲がったトコ・・・いい門ですよね。
yamanekoさんも「たのもーう!」したくなりませんでしたか?

最猛勝の巣(笑)はまだあるのかァ・・・・

Commented by とらねこ at 2006-08-13 13:43 x
「ぎっくら」の表現が固定しておりますね・・・笑
他に「ガギッとカーブ」なんていうのもありますから、次回何か当てはまるエントリーがございましたらお使いください・・・ギックラもガギッとも同じか・・・・笑

Commented by romi at 2006-08-13 14:18 x
城下町の無駄で美しい小路ですよね。
行き止まりのようでクランクになった先がまたある。
しないでも数少ない場所になりました。

Commented by romi at 2006-08-13 14:52 x
そうそう
只今、ぎっぐら腰の養生中ですたぁ。
びゅ~んん。

Commented by 名梨 at 2006-08-13 18:48 x
京都だったらギックラ曲がった辺りに赤い傘の下に毛氈が引かれ茶店が有りそうな雰囲気なのに、ここには何もない。ただ、塀があるだけ。

Commented by yamaneko at 2006-08-13 23:55 x
tamachiさん
門の前に草が繁茂しているということは、門を手入れする人がいないのか・・・この草を大切に手入れしているか、どちらかですよね。
板が少し新しいように見えるので、手入れはしているのか・・・推測です。

でんばずの巣はここでしたか!
どこかに写っていましたか?
うーん、判らない。


Commented by yamaneko at 2006-08-13 23:57 x
とらねこさん。
ガギっとですね。(笑)
がってん承知しました。
必ずやガギっとしたネタを探します。(笑)

Commented by yamaneko at 2006-08-14 00:02 x
romiさん
単純に考えると、敵の侵入を遅らせるための道形と思いますが、なんか、それだけではないような・・・美を追求したのでは・・・と感じます。

山猫も全身筋肉痛&曲がらない膝と戦っております。歩くスピードはカートを押したご老人様と同レベルです。(汗)

Commented by yamaneko at 2006-08-14 00:07 x
名梨さん
京都では町家もうまく再利用されているようですね。

あの門の中はどうなっているのでしょう?
茶店があったら、風情は倍増ししますね。
だれかシャレでやらないかなぁ。(笑)



<< 木と蜂と熊と      夏休みの絵日記7 >>