2006年 07月 08日

口は災いのもと(高室稲荷神社)

さてさて、クルマですと、星谷からたかむろ水光園までは、ゆっくり走っても10分とかかりません。
水光園の正面入口の傍らにお稲荷様がひっそりと鎮座していらっしゃることはこちらで紹介されています。



c0337257_12060951.jpg



その記事に対してyamanekoは、こんなコメントをしてしまいました。
「うーん・・・この先はヤブ藪ですか・・・・こりゃ山猫ひろし探検隊の出番かな?」



c0337257_12060959.jpg
たしかにヤブ藪ですが、下草がまばらで歩行に支障はなさそう。
要するに「山口名所総ナメツアー」のメインデッシュである象坪山(愛宕山)へ此処高室稲荷神社から尾根伝いに行こうと計画したわけです。



c0337257_12060960.jpg
お、これこれ・・・・藪尾根で頼りになる区境標柱。これを見つけながらじわじわと前進する。
406mの独標ピークを越えて下っていくと林間の草地に出くわした。



c0337257_12060984.jpg
なんか、狐に化かされているみたい・・・・
ほどなくして車の轍が残る道に出て、それを辿ること数分で象坪山の南鞍部に到着です。



c0337257_12060990.jpg
ううむ、yamaneko大変な事実誤認をしていました。
遠野物語89話にある、山の神との遭遇地点は、ここだと思っていました。
しかし、がらんとしたお堂も山神の石碑もなく、鳥居もなく、ましてや象坪山への参詣の道なんかありゃしない。

ここで選択を迫られた。
↑写真の道を下って柏崎へ降りる(平たく言えば撤退)か・・・・
道無き尾根を強引に登っていくか・・・・・

yamaneko、デジカメを背中のザックに納め、軍手をはめて、ヤブへ身を投じたのでした。

ああ、! 口は災いの元!



by Wild_Cat_Seeker | 2006-07-08 06:22 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
Commented by tamachi at 2006-07-08 16:23 x
雨の日は獣でも争いをやめると云うに、まこと獣の如き(以上の?)行動力だのう!ワシャァー感動したぞ。

しかし山猫くん、無理しちゃいかんよ(ポンッ)!

made by Numata kawara factoryのキツネどんには気付いたかな(笑)。
このキツネめらに化かされはしなかったかのう。
傍にはモグラ穴があったのが印象的であった!

重ね重ね、オラホの記事へのジャンプありがどがんす~

Commented by とらねこ at 2006-07-08 17:27 x
この象坪山へのルポ・・・・実は楽しみにしていたといいますか、先んじてよろしくお願いしたいと考えておりました・・・汗

結果は過日の懇親親不孝の際にお聞きしておりますが、私も水光園からのルートと考えていたので、今後の新たな道を模索しなければなりませんが、ここは正面突破か・・・柏崎側といいますか、三角の山そのものを目指すルートで私も晩秋の頃に挑戦したいと目論んでおります・・・・はいっ、この山は柏崎館跡の山城です・・・・汗

Commented by imahiro2 at 2006-07-08 17:29 x
トトロの森へ向かうような最後の画像。
この先が愉しみですね。
現地人だって知らない世界へ・・・ガイドしてください。

Commented by yamaneko at 2006-07-08 17:36 x
俺の名はyamaneko.
無論、本名ではない。
主な仕事は潜入捜査だ。
無論、危険が伴う。誰もやりたがらぬ損な仕事だ。

tamachi社長の特命を受け高室稲荷の裏へ分け入った。

社長!
Numata kawara factory製の狐は確かに居ましたが、遠野TVで紹介されていた「三方荒神大金神」の石碑はありませんでしたぜ!
台座はありましたが、うう、どこかの組織が動いているかも・・・

社長!
続きは明日の朝までに提出します。(笑)

Commented by yamaneko at 2006-07-08 17:43 x
とらねこ様
お待たせしました。
あまり期待しすぎると肩透かしになるかもしれませんよ。
まぁ、堕ちて行くyamanekoをじっくりとご覧ください。
実はちょっとだけ、とらねこ様の目線を真似てみました。本日中に先んじてアップしたいと思います。
本編は3日連続でアップする予定です。(なが!)

Commented by yamaneko at 2006-07-08 17:49 x
imahiro2様
最後の写真も不思議な光景でしたよ。
山口側は草ぼうぼうですが、柏崎側は草一本ない砂利道なのですよ。
とらねこ様がご指摘のとおり、象坪山は柏崎の財産なのですね。
ガイド・・・になるっすかねぇ?
どたばた喜劇のような気がします。(笑)



<< 特命調査      星谷探訪 >>