2006年 06月 13日

来内川

遠野の街中の奇跡といえば、清流が流れていること。
ふつう、山女が棲んでる川が身近にあるなんて滅多にありませんよ!



c0337257_12055519.jpg
この界隈、川を挟んで好対照な風景だ。



c0337257_12055503.jpg
対岸には石垣が残るが、そこに在ったと思われる屋敷はすでにない。



c0337257_12055591.jpg
ただ、「カド」の跡?残れリ。



c0337257_12055535.jpg
新町を過ぎ、来内川はいよいよ猿ケ石川に合流するのみ。



c0337257_12055515.jpg
柳玄寺橋。
このお寺さんには石臼を抱えた人の石像があるという。
遠野物語27話に縁があるらしい。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-06-13 06:05 | 遠野の街中で | Comments(4)
Commented by とらねこ at 2006-06-13 16:43 x
サッカー日本・・・残念でしたね。
敵ゴール前で、細かいバス回し・・・素人が言うのもなんですが、ゴールが見えたら即シュート・・・次回に期待ですかね・・。

さて来内川、鍋倉城の外堀の役割・・・他の近世城郭のような水堀的な感覚、鯉や鮒ではなく山女が泳ぐ、遠野らしいですな・・。

Commented by tamachi at 2006-06-13 16:54 x
「池端の臼」ですね。
あまり馴染みのない話でして・・・慌てて目を通してみました。

「うぐい」「山女」と書かれた看板があり、私も驚きました。
泳いでいる姿も目にしました・・・が、それが彼らかどうかはワカリマセン。

石垣が組まれているのは、堀の名残? 私にとってお馴染みの仙台の青葉城の堀とは随分様相が違います。これは面白いですね。

・・・・なんか、マボロシのエントリーがあったような・・・?!


Commented by yamaneko at 2006-06-14 07:42 x
とらねこ様
W杯・・・3点目入った瞬間にTV消しました。
気持ち切り替えてクロアチア戦に期待です。
でもメンタル面の弱さがモロ出た試合でしたね。

来内川・・・・鍋倉城の外堀も兼ねていたとは・・・さすがとらねこ様。鋭い視線です。

Commented by yamaneko at 2006-06-14 07:51 x
tamachi様
そうです。米一粒入れて回せば黄金が出る臼のオハナシです。
変な話でしょう?

臼は金鉱石精錬用の石臼らしいです。
なぜ米を入れるかは謎ですけど。

佐々木喜善にこの話をした人は多分、鉱業に詳しくなかったのでしょう。あるいは違う話と合体したのかも・・・

謎です・・・・あ、幻のエントリー??
さて、なんのことやら(汗汗汗)・・・
謎は17日には解けるでしょう。(爆)
ココログの罠にはまりました。(大汗)



<< 東京ドーム      遠野駅-午前7:50 >>