2006年 04月 17日

街中方向音痴

今を去ること11年前に初めて遠野を訪れた時のこと・・・・・
なぜか、何故か遠野の街は駅の北側に発展しているものと
勝手に決めていました。
この記憶はDNAにインプットされてしまい、今回も違和感を感じる場面が多々ありました。
「とぴあ」と「鍋倉山」は現在位置確認の重要な目印です。

c0337257_12052746.jpg

屋根が異常なまでにとんがっていますが、背後の「とぴあ」を見て一安心(?)
c0337257_12052760.jpg
遠野は馬の里ですから、ベンチもうまづらで蹄鉄履いていても「桶」です。
c0337257_12052733.jpg
でも、木に石が実るのは「反則」でしょう。
c0337257_12052716.jpg
「とぴあ」が見えないと迷いそう(笑)
c0337257_12052702.jpg
視線を感じたる先を見やれば「親不孝猫」(勝手に命名)
c0337257_12052781.jpg
ここもデジャビュ・スポットだ。
c0337257_12052720.jpg
遠野の街は駅の南側に発達しています!
(昨今はそうとも言えないみたい)



by Wild_Cat_Seeker | 2006-04-17 07:00 | 遠野の街中で | Comments(2)
Commented by tamachi at 2006-04-17 09:48 x
おお、桜木橋も行かれたのですね。いいトコでしょ。
遠野街中の、遠くから見える目印的存在は自分ではとぴあとJAの赤いビル・・・そして旧NTTのタワーとしています。
城下町の名残がありますので迷い易そうですが、出し抜けに知っている場所に出ちゃう事多いですね。

驚くほど急傾斜の屋根は、ワタクシが載せようとして載せ損ねた場所。よくぞアップしてくださいました。

石が実る木は見落としポイントでした・・・これだから遠野は(爆)。

街中もなかなか良いでしょ?

Commented by yamaneko at 2006-04-18 07:08 x
遠野街中を歩き回ったのは、初めてなのでいろいろと面白かったですよ。家並みひとつとっても「あ、いいな~」がありましたね。
中心街から外れたところはまだまだ未踏の地があり、楽しみです。
石の実る木は、例のボス猫遭遇スポットかな?と思われるところで偶然発見しました。
アート? 呼び鈴? 謎は深まります。



<< 穀町界隈      絵日記4-会下家界隈 >>